« 日々のみことば 2016.1.29 | トップページ | 日々のみことば 2016.1.31 »

2016年2月 1日 (月)

日々のみことば 2016.1.30

一月三十日(土)

テサロニケ二章四節

私たちは神に認められて福音をゆだねられた者ですから、それにふさわしく、人を喜ばせようとしてではなく、私たちの心をお調べになる神を喜ばせようとして語るのです。

 福音が記されている聖書を読んだり、福音が語られるメッセージ、説教を聞いたりして、かえって心苦しくなったり、ショックを受けたりすることもあります。それは聖書のメッセージがまずいのではなく、自分の心にまずいことがあるからです。
 いつでも辛口であればいいということではありませんが、耳障りがよく、人の心をつかむような話にはちょっと注意が必要です。神が念頭にあるのではなく、人を取り込もうとする罠かもしれません。あるいは逆に不安を煽り、脅しによって自分たちのグループに入るように誘うかもしれません。神中心が正常です。

祈り 「天の父なる神さま。あなたが聖書を通して与えてくださる福音を聞けますように。」

|

« 日々のみことば 2016.1.29 | トップページ | 日々のみことば 2016.1.31 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558559/63153061

この記事へのトラックバック一覧です: 日々のみことば 2016.1.30:

« 日々のみことば 2016.1.29 | トップページ | 日々のみことば 2016.1.31 »