« 日々のみことば 2016.1.16 | トップページ | 日々のみことば 2016.1.18 »

2016年1月17日 (日)

日々のみことば 2016.1.17

1月17日(日)

民数記7章76節

罪のためのいけにえとして雄やぎ一頭。

 イスラエルの各部族の族長が、主なる神にささげ物をする中に、罪のためのいけにえがあります。何か犯罪を犯した、悪いことをしたということが具体的にあったわけではありません。しかし、家族、部族を代表するときに、そのメンバーの中には神に対して罪を犯しながら、その罪が隠されたままということもあり得ます。もし罪がそのままであれば、神によって裁かれ、滅ぼされてしまいます。家長、一族の長は、そのように全体のためにも気を付けて神の前に誠実であるようにしています。
 罪は、犯罪のみならず、不誠実、汚れ、怠慢、うらみ、無礼ということをも含みます。そういう意味では、私たちは罪まみれです。神の前にへりくだって、赦しをいただきましょう。

祈り 「天の父なる神さま。罪ある者、至らない者を赦し、憐れんでください。」

|

« 日々のみことば 2016.1.16 | トップページ | 日々のみことば 2016.1.18 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日々のみことば 2016.1.17:

« 日々のみことば 2016.1.16 | トップページ | 日々のみことば 2016.1.18 »