« 4月第4週、講壇の生け花 | トップページ | 5月6日(日)礼拝へのお招き »

2012年4月28日 (土)

4月29日(日)主日礼拝のお招き

ゲストに小川キリスト教会牧師の尾崎裕司先生をお招きします。どなたでもどうぞいらしてください。

4月29日(日)主日礼拝10:30~12:00頃
水戸下市キリスト教会会堂にて
説教題:「知恵を求める祈り」
説教者:尾崎裕司師

教会には,貸し出し用の聖書,讃美歌がございます。礼拝後には軽食がありますので,よろしければそちらもどうぞ。

キリスト教会では,神さまがお立てになった救い主,イエス・キリストの福音をお知らせしています。罪の赦し,死後のさばきの解決,永遠のいのちをいただける道についてお知りになりたい方は,どうぞ教会へお越しください。また牧師の訪問をご希望の方は,教会までご連絡ください。(電話は029-225-7478)

|

« 4月第4週、講壇の生け花 | トップページ | 5月6日(日)礼拝へのお招き »

おしらせ」カテゴリの記事

コメント

尾崎先生をお招きしても交換講壇、祝福された礼拝で感謝です。

尾崎先生随行のT兄、新来者のI兄姉ご一家(4月に水戸に転居されて来たクリスチャン・ホーム)を交えての愛餐会も恵まれて感謝でした。

投稿: ウリヤ出先 | 2012年4月29日 (日) 14時00分

imada haruka 様

誤解の房が誤解を恐れずレスいたします。

苦しみの中にあってマタイ11章28~30節にすがっている房にとって、
>鬱の方には「頑張れ」と励まさないほうが良いとかとの特殊事例
と切って捨てられるのは心外で、むしろ鬱(どこまでが鬱かという定義の問題もありますが、)と関係なく頑張れなくなったすべての人に対して、「頑張れ」と励まさないほうが良いと考えますがいかがでしょうか。

>キリスト教の教義から来る「頑張らないが良いことだ」
ということが聖書のこの部分以外からの解釈かもしれないので調べました。 聖書語句辞典をひくと、聖書には「頑張る」という言葉は出てきませんが、代わりに「励む」という言葉が新約聖書に6回、「努力」という言葉が5回出てきますが、いずれの場合も神様の栄光を表すために励むこと、努力することを良い事としています。
「頑張らない」とはどういうことを意味するのかいろいろな考え方があると思いますが、
あなたの文脈からすると、あなたの定義によれば、頑張らないとは怠けることを表しているような気がします。聖書には怠け者という言葉が18回、怠けるという言葉が4回出てきますが、いずれも悪いこととしています。

頑張れなくなったらイエス様のところに行って休み、力が出たらまた頑張ればいいのではないでしょうか。伊吹文部科学大臣の正論と矛盾しているようにも見えません。

ただ聖書を隠れ蓑にして怠けることの無いように大いに自省いたします。

投稿: 房 | 2012年7月10日 (火) 19時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558559/54582250

この記事へのトラックバック一覧です: 4月29日(日)主日礼拝のお招き:

« 4月第4週、講壇の生け花 | トップページ | 5月6日(日)礼拝へのお招き »