« 3月11日(日)礼拝へのお招き | トップページ | 3月18日(日)礼拝のご案内 »

2012年3月11日 (日)

3月11日主日の生け花

記:ウリヤ

2012年3月11日第2主日、講壇の生け花は、ウリヤの娘ベガの作でした。

Img_8375

ベガ曰く 「テーマは ピンクのカーネーションは希望、交差する雪柳は 絆 をイメージしました。」

1年前のこの日、東日本大震災が起こりました。 多くの生命が失われ、故郷を離れざるを得なくなった人たちがいます。

被災された方々が希望をもって復興に進めますよう、神さまが力を与えてくださいますように、お祈りいたします。

礼拝後、午後2時半から、東日本大震災復興に向けての祈祷会を、会堂で行いました。出席者は、渡部牧師、ウリヤ一家、SN姉でした。 聖書を輪読し、聖歌を賛美し、それぞれが祈りを捧げました。

|

« 3月11日(日)礼拝へのお招き | トップページ | 3月18日(日)礼拝のご案内 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

お花。
綺麗に、繊細にまとまってますね。
雪柳の絆。どちらの枝が支えているのかが分からない感じが素敵です。
いずれの枝も支え、支えられ。

私も、ウリヤ将軍のように人々を支える、強い者を目指し努力したいと思います。

おっと、お花の作者には強き者の証、ウリヤDNA がsetupされてましたね。
望むと、望まざると支える側の血筋。
子は親を選べないと申しますから。(笑)

投稿: B, J, J | 2012年3月12日 (月) 01時01分

◎B.J.Jさん

はじめまして。
お褒めの言葉ありがとうございます。
私は、絆ということは意識しないで
生けました。後に、母に雪柳が絆を
イメージしているといわれました。
いわれてみればそうかもと思いました。
生け花って生けた人の心の在り様が分かる
のです。多分、私は心では絆の大切さとか
思っていたのかな・・・

投稿: ベガ | 2012年3月12日 (月) 14時12分

ベガさま

こちらこそ、初めまして。
ユストと申します。
よろしくです。

お花、素敵な嗜みだと思います。
想い。思考。希望。答え。
色々なものが重なって、より美しく。
楽しいですね。

②より、1つお姉さんのベガさまは、勉強もよりハードになってきていると思います。

投稿: B, J, Just | 2012年3月12日 (月) 22時09分

スミマセン、何故か上がってしまったので続きを。

②も、学校と都内の友達の下宿との往復ばかりで、最近は中々帰って来ません。
ベガさまも、勉強できる環境をくださる、ご両親に感謝ですよ。
ウチは、ちっとも感謝して頂けませんが。
あ、なんか愚痴っぽくなってしまったので、このへんで。

追伸
②の趣味は、フルートです。

投稿: B, J, Just | 2012年3月12日 (月) 22時32分

独り言です。

東日本大震災に結びつけられた3月27日を題としたことにより、多くの書き込みがありましたね。
そう言えば日本人はこの年の漢字に災(5.8%)でも震(5.4%)でもなく、絆(隣人への愛)(12.4%)を選んだのでしたね。
この字がベガさんの心に刻まれ、交差する雪柳となって表現され、これを人は支えたり支えられたりするものではなく、支え合うものであるというメッセージとして受け取るやさしい心がありました。私達が助けたのではなく、私達も助けられたのですというボランティアの言葉を思い出しました。
このように人は全てをはぎ取られるとどうしなければいけないかがはっきりして、絆が生まれるのですが、普通の世界では、善意が伝わりにくく、人のためにと思ってしたことが非難される悲しい現実があり、生活のために必要な音も、暴力と感じられることさえありますよね。誤解を恐れてひきこもる自分があります。
ひきこもることが出来ない絆の一つが親子関係で、それぞれに苦労があるでしょうが、正解を見つけることは何と持つかしいことでしょう。
神様との親子関係にも似たようなことがありますよね。
誤解を覚悟しながら、愛をもって人とお付き合いをすることと、相手の行動には、それが自分に対する愛によるものという前提で対応することが、私達にできることの全てのような気がします。

投稿: 房 | 2012年3月14日 (水) 16時56分

◎房さん

アーメン です。

投稿: ウリヤ | 2012年3月14日 (水) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558559/54195801

この記事へのトラックバック一覧です: 3月11日主日の生け花:

« 3月11日(日)礼拝へのお招き | トップページ | 3月18日(日)礼拝のご案内 »